魔道

宇宙への恐怖

いやあ久々のエイリアンねた。アメリカ人の心の中に棲みついたエイリアンは、こういう実業家の心理にはっきりでるなあ。「絶対神の存在を信じるかエイリアンの存在を信じるか」の対立もポリティカルコンパスに入れてほしいぞ。 「宇宙ではあなたの悲鳴は誰に…

黒魔道の復活

ネパールで起こっている事 個人的に長く関心を持ってきたネパールでは毛沢東主義派が勢力をのばし、対抗する国王は今年の2月1日クーデターをおこして絶対王政を復活させた。この事件がきっかけで社会秩序を成り立たせている鍵について再考することとなった…

魔界大戦

まあいいやついでに書いてしまえ。テレビではまったくといっていいほど、ネパールの緊迫した情勢はつたわってこない。これはどうしようもないことだ。テレビのようなメディアは、ニュースになる前に、情報の重要性を決めてしまう。 視聴者に届かなかったニュ…

やねうら本

遅ればせながら、id:yaneurao氏のASIN:4798008532。表紙とイントロの語り口ですっかり騙されてしまった。もうとっくにプログラマーではなくなっている私だが、一応昔とった杵柄で、小学4年生の時に、LSIをいくつも基盤にハンダ付けして、小学校6年生のころ…

チベットは気象コントロールセンター

今年の猛暑の“真犯人”は、ユーラシア大陸から来た超高層で発達するチベット高気圧の可能性が強いことが、海洋研究開発機構(横浜市)の分析でわかった。大陸でチベット高気圧のできる位置がずれると、昨年のような冷夏をもたらすこともある。 http://headlin…

次元上昇グレートマザー

見つけてしまった。 http://www13.ocn.ne.jp/~namlat/

アメリカ人のコンプレックス

中国人がよく、「わが国の歴史はウン千年」とかいう。これってアメリカに向けて言っているんだよね。「アメリカはたかだか200年の歴史ではないか。ふん!」って感じで。で、アメリカ人は歴史コンプレックスを刺激されてもないものはどうしようもないから…

パンテオンの原理

フィリピンがイラク派遣軍を撤退させるのをみて、タイも撤退を開始した。ライバル関係にある両国がどちらも「自国から先に撤退することはできない」と考えているので、お互いにけん制しあって、撤退ができないでいたのだが、フィリピンが撤退することになっ…

イタリアの魔道

イタリア人は、人の見栄を利用して商売するのが上手い。

アリ

アリが部屋の中に入ってきたので、ベビーパウダーで結界を作った。結界のパワーでアリは部屋にはいってこなくなった。チョークで結界を作ってもよい。

古代文明の亡霊にとりつかれたアメリカ

「華氏911」とイスラエル@田中宇の国際ニュース解説

胎内回帰願望マイナス自殺願望

自殺願望は胎内回帰願望の一種だと思う。それゆえに、時として巨大化した自殺願望は人類を熱死させる方向へと突き進む。だが、胎内回帰願望そのものの乗り越えは困難だ。自殺願望に乗っ取られないように胎内回帰願望を成就させる道がありえるか。今のところ…

動き始めるスワスティカ

ヒトラーによって欧米で有名になった鉤十字マークだが、これはもともと古くからインドを始め全世界に伝わるマークだった。で、インドの将棋のルーツ、チャトルアンガがもともと4人で行われていて、トランプと共通の起源だということを知ったとき、私の中で…

禁煙日記9日目

嫁がお香を焚いてくれる。うーむ、なんか火が燃えるとすこし、気分いい。 ここで、昔習った禁煙テクニックを一つ。 まず、タバコが吸いたくなったら、イメージの力を使って、タバコの箱やライターをできる限りリアルに思い浮かべる。パントマイムの要領で、…

ベジタリアン

別に肉を食うのは大好きだが、最近何かとベジタリアン料理を食べている。子供のころに食べた精進料理の衝撃が残っているためだろうか。

禁煙日記8日目

生活ネタは書かないつもりであったが、友人が禁煙に挑戦しているので、すこし書く。 私は実は、ガム魔である。ガムを噛みまくっている。禁煙すると、食べすぎで太る場合が多いので、肥満予防としてもガムを使っている。あごの力を鍛えて踏ん張ることができる…

官僚制の中にある秘密

超エリート官僚というのは普通の人間と全く違う扱いをうけるものだが、実は親・兄弟からもほとんど引き離されるそうだ。チベット密教のエリート、ダライラマも幼い頃に親・兄弟から引き離された。日本では宦官とか、妻帯禁止ってのはあまり普及しなかったわ…

スイスの野望

スイスは世界征服をたくらむ秘密結社である。世界各国にスパイを送り込んでいる。赤十字がスイスのスパイ組織なのだ。各国の外交・戦争に関する情報は必ず赤十字に入ってくるようになっている。国際赤十字の上層部はスイス人だけで構成されているのだ。さら…

血が混じるとモンスターが生まれる。

ドラキュラとフランケンシュタインと狼男、いわずとしれたヨーロッパの3大モンスター。この3つには共通点がある。 ドラキュラは吸血鬼で、「他人の血を吸う」。フランケンシュタインは何人もの人間の臓器が合体させらていて、当然「血は混ざる」。狼男は「…

空飛ぶ絨毯 その2

古代よりそらを飛ぶ人々は世界中で目撃されている。空飛ぶ絨毯はアラビアンナイトで語られた伝説だが、なんらかの背景があったに違いない。熱気球+パラグライダーのような形での飛行がどこかの文明で実現していて、その技術(知識)がその文明の崩壊ととも…

空飛ぶ絨毯

古代ペルシャでは空飛ぶ絨毯がつくられていた。それは7世紀に日本でも目撃されている。当時はペルシャ人が大勢来日していた。飛鉢の術と呼ばれていたようだ。多分絨毯を縫い合わせて熱気球を作ったんだろう。竜ともよばれていて、ペルシャの 柄が鱗にみえて…

巨大な双分制または「二人のルーク」

家族ぐるみでつきあっているブッシュ家とラディン家。ウサマがあまりにもカッコ良く決まっているんで、チビブッシュが嫉妬しているんだろう。「うう、本当は俺がルーク役のはずなのにい、くっそお。何でお前なんだよお。つぶしてやるう。」それでついつい無…

復讐するは我にあり

一国の軍隊をなめきって拉致事件を引き起こすのは、どう考えても、不合理だとおもうが。北朝鮮による拉致事件を放置してきたことが、テロリストを元気付け、今回の拉致を引き起こしたのだという可能性はある。何事も突然起こることなどない。日ごろの行い、…

先進医療なんていらない

99%をちゃんとすくう方が先だろ。できないことをできるようにすることは華々しくかっこよく見えるけど、できることをきちんとこなせてない現実に対するいいわけにすぎない。先進医療ができなくても人類は滅びない。先進医療が全くないような発展途上国で…

脳に入り込むウイルス

カゼがはやっている。昨日は動けなかった。カゼを引いてそのたびに脳がリフレッシュするという感覚がある。そのたびに強くなっていく。レベルアップした。

仮想力線電磁気学だって。

いいなあ、これ、俺の思考法にぴったり合っている。 http://www.f8.dion.ne.jp/~tarkun/index.htm

万物はアムリタよりなる

インド神話にでてくるアムリタ。永遠の命を与えるというその液体。現代でいうと何だろう。古代インドの科学技術の発展から考えて、エネルギーに近い概念ではないだろうか。

帝国の巫女

首席補佐官コンドリーザ=ライス。 彼女の経歴は驚異に満ちている。女性で最初の○○、とか、黒人で最初の○○といった文の羅列だ。36歳の時、パパブッシュ政権でホワイトハウス入りし、現在もチビブッシュ大統領の最重要側近だ。しかもイラク戦争に際してピアノ…

オウムの妖術とは

妖術、まさかそんな単語が出てくるとは思わなかった。いや、そう期待していたのかもしれない。そうだ、俺は知っていた。今日、オウム真理教の地下鉄サリン事件についての再現映像番組が放映された。その中で、麻原たちはサリンを「妖術」と呼んでいることを…

聖書の詩篇には「神は岩である」というフレーズが出てくる。

昔の人は石をあがめていたのだ。 いまでもデビアスとか、インテルとか、石にとりつかれている。 このパソコンの中にも石が入っていて、石が「走る」らしい。 さらに困難に直面しても「石の魔神がまもってくれる」らしい。 石の魔神にもいろいろランクがあっ…