読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選挙結果

事前に予測がかなり正確にでていたので、驚くところはすくない。
公明党小選挙区で全敗したのはおどろいたが。ぜひ、詳細を知りたい。
中選挙区時代の常識をひきずっている人がまだまだ多いなか、すでに小選挙区では2大選挙協力連合に集約されている。結果からはっきりわかる例外は2箇所しかない。小選挙区だけをみると日本はすでに2大政党制になっている。

民主と自民の大半の候補者にとって比例区は重複立候補によって小選挙区の滑り止めのためにあるような制度になっている。
公明と共産は比例区でのみ生き残っている。
この辺が中選挙区制度のなごりのような形になっている。
ただ、小選挙区だけで、はっきり勝負がついてしまうので、徐々に比例区は削減へと向かうだろう。責任ある意思決定に国民が耐えられるのかどうかは別にして。

わかっていたこととはいえ、都市部での自民の負け方がすごいな。
田舎専門の政党を目指しているのだろうか。