激辛の時代

 なんでも世界最高に辛いハバネロとかいう唐辛子があるらしい。唐辛子という植物は実に多様に進化している。ピーマンも親戚だよな。そのせいかどうか唐辛子を食べると、適応力が高くなる気がする。
 変化が激しい世の中、柔軟に対応できるように、なんでも軽さ重視、薄めた読み物が好まれ語義不明の和製英語が氾濫する。それが現代。クーラーやファーストフードもいいけれど、それが習慣になって、ないとイライラするようじゃ、逆に重く、動きにくくなっちゃうぜ。
 激辛は耐久力が必要だ。「軽い」のと、「さばけている」のはどこか違う。