読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休と鬼太郎の違い

二人はともに日本の民話系ヒーローだが、なんか違いがあったかなあ。ちょっと比較してみるか。
?特別な出自の結果、不条理にも不在とされる母親
 「ご落胤」と「飴買い幽霊の子供」
?肉体的な力は、非常に低いが、知識と精神的に主人公を圧倒する父親
 「お師匠様」と「目玉親父
?世間からすこしはなれた異界にある居所
 「山寺」と「妖怪ハウス」
?なにかと事件をおこして主人公にからみつく
 「将軍様」と「ぬらりひょん
?主人公のパワーの源
 「ヨガ・メディテーション」と「古代種族の霊力」
ちがうようでもあるし、にているようでもある。
民話の中では飴買い幽霊の子供は後に高僧になったそうだ。「一休咄」にはさまざまな高僧の逸話も盛り込まれている。そうなってくるとルーツ的には、もうほとんど「一休=鬼太郎」といっていいのだろう。「一休咄」が出版されたのが元禄年間。どうもこういう日本の妖怪探偵物の原点は江戸時代にあるらしい。主人公のところにはこれでもかこれでもかと事件がもちこまれ、そこに解決をもたらす。集合的無意識の想像力が形を得るには段階を経る必要があるのかもしれない。
p.s.↓には笑わせてもらいました。
http://www.nuyan.com/yomimono/ikkyuu/index.html