日本人のアイデンティティの問題

 日本人は常に辺境にすむというコンプレックスを植えつけられてきた。
人間は動物であると同時に精神的存在としてかならず「中心」をもとめてきた。
中心がないことに耐えられない。「夢」とか「理想」という中心を必要とする。
それが失われれば、移動し始める。(聖書をよく読めば分かるとおり)バベルの塔は崩れたのではない。天にとどくことがないことを知った人々が放棄したのだ。もったいねえ。