日本の宮廷料理

タロウ「どーもータロウでーす。今日はタイから友達きてんねん」
チャチャイ「サワッディー、タイ人のチャチャイで−す。」
タロウ「タイっていうと食べもの激辛なんちゃうん?」
チャチャイ「全然辛くないよお」
タロウ「うそやあ」
チャチャイ「大丈夫大丈夫、ちょっと舌が焼けるだけ。」
タロウ「!!やっぱ、辛いんやんか」
チャチャイ「タイの名物はトムヤムクンっていうスープがあってね」
タロウ「うんうん」
チャチャイ「これはもともと宮廷料理だったんだ」
タロウ「へー」
チャチャイ「ところで、日本の宮廷料理って何があるの?」
タロウ「えっ、きゅ、宮廷料理でっかー?」
チャチャイ「そうそう、どんな料理があるの?教えて!」
タロウ(日本の宮廷料理って何やろ、「知らん」とは言えんし。あ、そういえば、たまにニュースで宮廷晩餐会とかやっとるよな。わかった。あれや)「あのな、日本の宮廷料理はな」
チャチャイ「うんうん」
タロウ「バンサンっちゅうねん」
チャチャイ「えっ、バンサン?」
タロウ「そうやバンサンや、バルサンちがうで。聞いてへんか」
チャチャイ「へえ、それで、そのバンサンはどんな料理?」
タロウ「えっ!!」
チャチャイ「だから、バンサンってどんな料理か教えてよ!」
タロウ(やばい。どうしたらええんや、バンサンっていうたかて見たことも食ったこともないし。あ、わかった。)
「ええとな、バンサンちゅうのはな」
チャチャイ「うんうん」
タロウ「魚の刺身があるやろ」
チャチャイ「さすが日本の宮廷料理だね。刺身をつかうんだ」
タロウ「そうや、それでな」
チャチャイ「うんうん、それで」
タロウ「それでサンドイッチをつくるんや」
チャチャイ「?」
タロウ「刺身をバーンとつかったサンドイッチ略してバンサンや」
チャチャイ「???」