視点

道教の本では「天皇」という言葉は、北極星をあらわしているのだそうだ。
今日は北極星の視点にたって世界地図を見てみることにする。
これ、結構距離感が違って面白い。
ロシアの面積は以外と少ない。
北海道からインドとヨーロッパは同じような距離だったりする。
当然、地図の中心には北極点がくる。円周は赤道だ。
世界一周をしようと思えば、中心付近をぐるっと回れば、あっというまに一周できる。
円周の付近は熱帯雨林のブラジル、中央アフリカインドネシアなど。
北緯20度の円周は砂漠が多い。
35度線がドーナツをつくるが、この35度線がほぼ、文明の緯度だ。
(だから私は文明の中心は北極点ではないかと思う。)

この地図はバームクーヘンのようだ。