まとめサイトの発端

まとめサイトと言うはてなキーワードを登録したのは、多分私である。
今、編集履歴を確認すると別の人が登録したことになっているが、気にしないことにする。
恐らく、Hatenaのバージョンアップに伴う古いデータの破損だろう。
用語事典にはてなキーワードが採用されたときに景品をもらった。

ともかく、「まとめサイト」が社会問題になって、閉鎖が相次いでいると報道されているので、久しぶりに記事を書くことにする。
キーワードを登録したのは10年以上も前のことだが、経緯はよく覚えている。
その時のことを思い出すと、現在使われている意味とは少し違う。

当初は「専門的な知識をまとめたもの」、というような意味で使っていたのではなかった。
当時、「まとめサイト」と呼んでいたのは、2chのスレッドのテンプレが進化したものだった。

書き込みがあちこちに散乱すると、誰かが整理してくれないと後から参加した人には経緯がわからない。
「既出」の質問と回答が何度もループする。スレッドは過去ログにはいってしまう。どこまでさかのぼっていいのかわからない。
「テンプレ見とけよ!」といってテンプレにリンクを張っておく。

はてなダイアリーに長文の書き手が集まり、議論の場が移ってきた。そのときに「テンプレ」から「まとめサイト」に用語が変わった。
テンプレの進化なので樹形図で図解するのが定番だった。いわば炎上した議論の交通整理だ。

現在は情報サイトと専門ブログが組み合わさって、ほとんど用が足りてしまう。どこかで見たような議論のループに付き合う体力もなくなった。

その間に「まとめサイト」の意味も用法も変わってしまった。
今日の感傷的な気分とともに記録しておこうと思う。