読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小選挙区制度

サンプロで、衆議院選挙の分析をやっていた。

無党派層が最後の一週間に民主党に流れ込む動きがみられたそうだ。
その時点では民主党の優勢と政権交代が確実な情勢は報道されていたから、「結果を明白にしよう」というように動いたようだ。思えば、前回もそんな感じだったな。

さらに「民主党に期待する」としながら「自民党に立ち直ってほしい」とも考えている人がすくなくとも有権者の4割はいる。

一昨年の参議院選挙後の「大連立構想」のときも国民は反対していた。やはり国民は2大政党制を望んでいるのだ。

小選挙区制だと2大政党になる」のではなく、「国民が2大政党制を望んでいるから小選挙区制がふさわしい」ということなのだろう。

関ヶ原で決めよう!」というような民族的幻想がそこに横たわっているように思う。危機の時には、そういった形でうかびあがってくるのだろう。