読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根としての国家、網としての国家、船としての国家。

こういうメタファーはトラウマの反映みたいで、ドキドキする。
網ってのはセーフティネットって言葉を最近よく聞くけど、「天網恢恢、疎にして 漏らさず」は老子だそうで、古い。
「寄らば大樹」の木や傘は屋根と多分同じかな。
船も建築物なので、国家のイメージは網系と建築系が二大潮流か。