宇宙戦争と地政学の3D化

「次の戦争は宇宙戦争」と言ったのはマッカーサーだそうだが、いよいよそういう時代になってきている。

先月の中国の宇宙作戦を知って、今更だが思う。

人工衛星に対する攻撃は、戦争開始時の最初の山場なんだろうけど、偽装衛星の可能性がある以上、民間衛星だろうとなんだろうと無力化する作戦なんだろう。普通。


日本は、昨年末の日米宇宙合同軍事演習に続き、
宇宙軍に関しては今国会で、法案が成立する見込みとなっている。

急所として気になるのはインドネシアだよな。
海と宇宙の両方で日本の死活がかかっている。

多国間安全保障と地球物理学が関係してくるわけだ。

メルカトル図法しか知らない古典的な地政学
ユーラシア大陸を制するものは世界を制す」

から

3D化した地政学
人工衛星軌道を制するものは地球を制す」

になってきている。ミサイル防衛は低軌道で、
静止軌道は通信関係とかになっているようだ。