大病をしてネタにせしむ。

 復活して、著作活動を本格化させている様子。まずは回復を祝いたい。しかも、その病気も自分の学問のネタにしている。なによりもこの器用さを見習いたい。病気は進化を理解するキーになる。って頭で理解していても普通体は動かないだろ。本書はまさに命がけの進化論である。