まとめサイト続編

 昨日、まとめサイト論をかいたら、もうishinaoさんがtrackback追跡のAjax版をつくってくださっている。これはうれしい。
 けっして催促したつもりなかったのですが、開発スピードは最速ですからっ!!。 
現在、別でやってるWebサイトへの組み込み方法を検討中です。
ゆくゆくはBBSもコメントへのTypeKey認証も多分いらなくなるのだろう。でもtrackbacckSPAMはどうなんだろ。

議論の苦手な我々に光あれ!

 「まとめサイト」が重要になった背景には、大手メディアが「基地外電波」を飛ばしまくっていったことがあると思う。「2ちゃんねる」情報には「量」は多いけど「質」は?でもどこかで「量」が「質」にかわるもので、上手にできた「まとめサイト」は、確かに「テレビを殺し」ます。「祭り」や「フレーミング」「工作員によるコピペ」「炎上」は飽きたから、もっとまともに噛み合った議論を読みたいんだよ。
 ネットでもしっかりした議論ができる環境がととのいつつあるのを感じる今日このごろ。優秀なブロガーさんたちにはちゃんと読者がついてるもんな。「ニート論争」は3ヶ月ぐらいの間に、「大衆社会論」や「情報社会論」としてより深みのある議論へと接続されてきている。どこにでもある「人生論」もあつまれば「保守思想」へとメタモルフォーゼするように。「左」だとか「右」だとかのレッテル張りはもういらない。
 せっかくつくってもらったすばらしいツールを使って、まずは読者としての訓練をしようと思う。読む力がないのに書いてもウンコしかでてこない。で、いつかは論客としてデビューするんだ。ワクワク。