読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チベットは気象コントロールセンター

今年の猛暑の“真犯人”は、ユーラシア大陸から来た超高層で発達するチベット高気圧の可能性が強いことが、海洋研究開発機構横浜市)の分析でわかった。

大陸でチベット高気圧のできる位置がずれると、昨年のような冷夏をもたらすこともある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040811-00000401-yom-soci

カイラスで火を焚くと雨乞いができるとか。