K−1がムエタイに占領された。

 ムエタイがすぐれているというより、タイにいる少数民族の中にとんでもなく戦闘能力のたかいやつらがいるが、その一族がのりこんできているのかも。