「イスラムみこし」を担げるか?

 偶像教徒の我々に、「親イスラム」は、果たして可能だろうか?
イスラム聖職者協会やアルジャジーラを通した支援活動は、とりあえずは可能かもしれない。でも「奈良の大仏」や「アニメ」がアルジャジーラで放映された瞬間に、「やっぱり日本人は偶像教徒だ、反イスラムだ」ってなってしまわないだろうか。イスラムの教えの先進性や、合理性は「反偶像崇拝」ってところから出発しているので、簡単に折り合いがつくとは思えない。