ホントにスパイじゃないのか?

 カメラを持って戦闘地帯に行けば、戦闘中の当事者はまず、「こいつはスパイじゃないのか」と疑うのが先だ。「私はジャーナリストです」といっても必ずしも信用されない。郡山総一郎さんは高校卒業後6年間自衛隊に在籍し、その後、ジャーナリストになっている。実は、自衛隊内部の秘密の情報組織の一員で疑われなくするために女子供と行動を共にしたのではないか。しかも、この経歴を犯行グループに知られれば、即、スパイとして銃殺されかねない。体力はあるだろうけど命の危険が迫っている。