イラク拉致:強行救出その1

 米軍と自衛隊との合同で救出作戦を行うためには、まず人質解放を遅らせる必要がある。これは簡単。日本政府が人質解放に加えて「犯人グループの引き渡し」を要求すればいいだけだ。仲介役を通じてメッセージが渡されると、犯人グループは急に態度を変えて人質解放を思いとどまるだろう。そこからじっくりと救出作戦へと進める。米軍の特殊部隊のような訓練を自衛隊は受けていないだろうから、実際にはアメリカ側が全部やってしまうことになるだろう。自衛隊はついていって、人質を抱きかかえさせられてTVに映るのが仕事になるだろう。顔に擦り傷とかメークして。人質には何か薬を飲まして、うかつなことをしゃべらないようにしておく。カメラの前でぶるぶる震えると効果的。あと、首相の記者会見をどう発表するかだが、やはり日本時間午後10時ごろがいいだろう。視聴率もとれるだろうし。
こうすることで自衛隊バグダッド駐留を既成事実化し、スムーズにアメリカの作戦に協力させることができる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040412-00000058-jij-pol