「クルーゼの呪い」または「怪談としてのガンダム」

昨年話題になった「機動戦士ガンダムSEED」をやっと時間がとれたので、ビデオを借りてみている。クルーゼっていうキャラが昔のガンダムのシャアにあたる。戦争全体の展開がクルーゼの「呪い」として構成されている。ヒンディ神話ではシヴァの第三の目が開くとき世界は滅びるという。第三の目を開いたシャア、じゃなかったクルーゼのために人類は滅亡しそうになるのだった。怪談というのがもっとも古い物語だと、どこかで聞いたことがある。怪談だったのかガンダムは。気がつかなかった。