万物はアムリタよりなる

インド神話にでてくるアムリタ。永遠の命を与えるというその液体。現代でいうと何だろう。古代インドの科学技術の発展から考えて、エネルギーに近い概念ではないだろうか。