初等ユング兵器概論

ヨミ魔道大学錬金術学部の講義のレジュメより

第1部 ユング兵器とは何か   (マジック・ポイント  1〜10)
 1−1、兵器を作る前には、必ず理論がある。
 1−2、「人を殺すことはできない」けれども「人に言うことをきかせることはできる」手段、また「兵器と一緒につかうことで効果を高める」手段は、兵器と呼んでもいい。
 1−3、戦争に勝つために、ナチスユング理論を応用して集合的無意識を操作して、大衆煽動(敵も味方も含めて)をした。
 1−4、誰か(ヒトラー?)がユング理論を使った兵器=UFOが可能であることに気づいた。
 1−5、ナチスのUFO開発計画とは情報&精神操作テクノロジーのことだった可能性がある。
 1−6、ゲッペルスがこの「UFO=ユング兵器」の開発担当だった。

第2部 ユング兵器とロケット=ミサイル (マジック・ポイント  10〜100)
 2−1、ナチスはロケット=ミサイル開発と平行してユング兵器を開発していた。
 2−2、ミサイルは、ユング兵器によって容易に効果を拡大できる。
      ユング兵器は、もうひとつの核弾頭といえる。
 2−3、チャーチルの反・ユング兵器

第3部 ユング兵器とアメリカ   (マジック・ポイント  100〜1000)
 3−1、ナチス崩壊後、ドイツからアメリカにこのテクノロジーが伝わった。
 3−2、J・F・ケネディとは誰か?
 3−3、アポロ計画ユング兵器 69式

第4部 ユング兵器とチベット密教  (マジック・ポイント  1000〜∞)
  続々導入される最新ユング兵器。