読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀最初の10年戦争が終わった。90年代後半に顕著になってきたヨーロッパ対アメリカの構図を解消するために、イスラムを共通の敵としてでっちあげるというのがスタートだったが、構図が完全にかわったので、もはやびんらでぃんも必要ないし、イギリス王室…

復活する「反米ユーラシア連合」

”反米”のあるなし 久々に国際政治ネタを書こうとしてちょっと検索してみた。言葉としては「ユーラシア連合」という単語を使っている人が結構いるが、ヒンディクエストでははっきりと「”反米”ユーラシア連合」と書いている。まずこの二つの違いを書いておこう…

お家騒動としての10年戦争 第5回「雲の上の人々」

今日、ロシアでテロと思われる航空機の墜落があった。でも、空港が閉鎖されて、すべてのフライトがキャンセルされたわけではない。いまどき、宅配便だって、荷物の位置をすべて把握している。飛行機がどこを飛んでいるかわからないわけないだろ。 ところが、…

お家騒動としての10年戦争 第4回「航空機産業の裏技 ボーイングとエアバス」

やっと話が本題にはいってきた。わすれちゃいけないのが航空機会社ってのが軍需産業の表の顔だってこと。アメリカとヨーロッパとの対立がそのままこの2社に反映しているよね。2000年には、ヨーロッパとアメリカとの間で、航空産業のタックスヘイブン利…

お家騒動としての10年戦争 第3回「宝島からタックスヘイブンへ」

偉大なイギリス王室は先祖がバイキングだってきちんと認めてる。イギリスは19世紀まで世界中を荒らしまわったからなあ。中国ではアヘンを売っていたんだ。で、海賊の行動原理は昔も今も変わらないようで、世界中から巻き上げた財産は「宝島」に隠す。今は…

お家騒動としての10年戦争 第2回「欧州諸王室の宗家:デンマーク王室」

なぜ、そんな古ぼけた欧州の王侯貴族なんてのが現代に関係してくるんだって?映画の「タイタニック」でやってたみたいに成金のアメリカ人は欧州貴族とかの娘と結婚したがったりするんだ。アメリカ人にも劣等感があってそれを刺激するんだって。アハハ。 イギ…

お家騒動としての10年戦争 第1回「皇太子が怒った本当の理由」

今回のお題は「お家騒動」ってことなんで、今年の日本の皇室の話題から始めるとしよう。 ええ、もう大変でした。何が大変って今年の5月、皇太子が記者会見でキレたのキレないのって、ああ、やっぱり日本は王国だったんだなあ、って再認識させられたもんです…

サウジアラビアと日本の共通点

チェスにはルークという駒がある。将棋でいう飛車の動きをする。 チェスには将棋の金や銀に相当する駒がないので、王様をがっちり守る役目はこのルーク(飛車)。 ところで、サウジアラビアと日本の共通点はなんだろうか。答えは、アメリカとはっきり異質な…

そろそろやりますか。

考える必要があるところ。 対イラン政策の分かれ道 — 次はイラン? @むなぐるま

アメリカ人のコンプレックス

中国人がよく、「わが国の歴史はウン千年」とかいう。これってアメリカに向けて言っているんだよね。「アメリカはたかだか200年の歴史ではないか。ふん!」って感じで。で、アメリカ人は歴史コンプレックスを刺激されてもないものはどうしようもないから…

アメリカは戦争をやめられない 

韓国やヨーロッパの国と示し合わせれば、日本軍も撤退できなくはない。でも、忘れてはいけないのが、「アメリカは撤退できない」ということだ。ここで撤退するとアメリカ帝国が崩壊してしまうから、結局戦争を拡大するしかないだろう。ブッシュが大統領選挙…

古代文明の亡霊にとりつかれたアメリカ

「華氏911」とイスラエル@田中宇の国際ニュース解説

1000年王国

至福の1000年王国が来る前の10年戦争は全然OK。そういう理屈なの?そいつはアメリカの原理主義者ぐらいしか信じていないだろうけど。でも1000年王国みたいなものを持ち出さなければならないほどまでに追い詰められたアメリカの原理主義者たちって…

歯車

巨大な音を立てて戦争の歯車が回っていく。 次のサミットの議題は中東全域をアメリカ軍の支配下に置こうとする「大中東構想」だという。戦争が次々と政治を乗っ取っていく。

イラク拉致:強行救出その1

米軍と自衛隊との合同で救出作戦を行うためには、まず人質解放を遅らせる必要がある。これは簡単。日本政府が人質解放に加えて「犯人グループの引き渡し」を要求すればいいだけだ。仲介役を通じてメッセージが渡されると、犯人グループは急に態度を変えて人…

イランを黒幕にする方法

シーア派を無理やりいじめて怒らせ、なんとかテロをでっち上げさせて、イラン攻撃の口実を作る。ってな感じですかねえ。実はアメリカとイランが仲良くすると中東は平和になってみんな喜ぶんですが、イスラエルを除くすべての国にとって良いはず。

戦争拡大方針の確認

イラクに世界の目を向けさせることに成功したので、そろそろ中東全域に戦争を拡大しようということらしい。旗印は「中東民主化」。まだこの戦争は4分の1ぐらいがやっと終わったところらしい。ながいなあ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040412-00000…

世の中にはズル賢いやつがいるものだ。

テロリストの目をイラクにひきつけておいて、その間に、アフガンをアメリカ軍の基地にしていく。その中央アジアから、ロシアや中国を牽制できるようにする。 イラク占領を日本や韓国に散々手伝わして、イラクが安定した後、利権の分配の段階になったら北朝鮮…

天下の副将軍「バグダッドへ駐留せよ」との仰せ?

ちぃっ。やられた。嵌められた。訪日中の天下の副将軍チェイニー公、イラク拉致事件を利用して日本軍にバグダッドまで行かせようというのか。いったん解放が宣言されてからドタバタしているのは、無理やり米軍と自衛隊との合同で強行突入でもやらせる気なの…

対テロ戦争の背景

99年ごろから国際関係はアメリカVS反米ユーラシア連合(EU+中国+ロシア)という形になってきた。アメリカはこの形の対立を避けたかった。ユーラシア連合を分断し、アメリカの指導力を維持するため、「共通の敵として」イスラムが必要になったのだ。この…

大統領「イスラムはいんちき宗教だあっ!プハァーー」 側近「いえ、大統領、イスラムは高度な文明ですよ」 大統領「いや、やっぱり許せん」 側近「おやめください、テロの泥沼にはまりますよ。」 大統領「飲酒禁止なんて許せんから侵略するっ!!グビィ」 側…

このネタ帳では、国際政治ものが半分ぐらいあるが、別に、国際情勢を語りたいのではなく、異なる世界観の存在をネタにしようとしている。 ちょっと今日はファンタジーな気分である。 ********************** 目を閉じれば、そこは草原…

「アメリカ軍がどんなに速く、フセインの歩みがどんなに遅くとも、アメリカ軍は、少し先に出発したフセインに追いつくことはできない。なぜなら、アメリカ軍がフセインが動きはじめた地点に着いたときには、フセインは少し先に進んでいる。アメリカ軍がその…

「次の戦争」はどこか。

イラン(本命:1.2倍)>シリア(対抗:2.3倍)>北朝鮮(大穴:万馬券)の順。 ったく洒落にならん。

イラク戦争が終わった。

さて、これから長い戦争が始まる。 すでにシリア・イラン戦争の前哨戦が始まっている。 第2次朝鮮戦争は、だから、後回しになるだろう。 アメリカは、そのまま中国と戦争になっていくことを望んではいない。 先に中央アジアを占領すれば、アメリカは中国と…