2004-04-18から1日間の記事一覧

まだ名づけられていない、始まってもいない戦争をカテゴリーにしていいものだろうか。だが、ヒンディクエストの関心はペルシャ(イランの古名)に重心がある。いくつかのテーマが2003年度中に十分展開できず、つかえている。「魔道」や「妖怪・怪獣大百科」…

この戦争の最終目的

前にも書いたが、アメリカは戦略的に中央アジアの要塞化を狙っている。そこから中国やロシアに対してにらみをきかせられるからだ。特に、中国とはチベットや台湾の問題に介入して大戦争をする計画だ。今のところは戦えない。だが、いずれやる、必ずやる。中…

マハティールに頼めるか

だが、できるところから始めるしかない。親日的で政情のおちついたイスラム国家はあるもので、引退したマレーシアの元首相マハティールを政府がアドバイザーとして迎えいれるのはどうだろうか。マレーシアでは昔、大前研一が大臣をやっていた。マハティール…

「イスラムみこし」を担げるか?

偶像教徒の我々に、「親イスラム」は、果たして可能だろうか? イスラム聖職者協会やアルジャジーラを通した支援活動は、とりあえずは可能かもしれない。でも「奈良の大仏」や「アニメ」がアルジャジーラで放映された瞬間に、「やっぱり日本人は偶像教徒だ、…

こっちはまだまだおわらない。

勝利宣言

できるだけはやく真っ当なビジネスにならないと全滅することは明白になってきました。この認識がすべての業者に波及することをのぞみます。関西では昔から「商いというのは牛のよだれのように細く長くやるもの」と言い習わしてきましたが、それにはきちんと…